ホットヨガ

ホットヨガとは?

ホットヨガというのは、蒸し暑い部屋で行なうヨガのことで、室温を40℃弱の38℃から39℃、湿度を60%〜65%の状態にすることで、筋肉や関節がもっとも柔らかくなります。
65%という湿度はヒトが快適と感じるギリギリのラインだそうです。

その高温多湿の室内でヨガを行なうことにより、筋肉や関節が柔らかくなり、ケガを防ぎ、初心者やカラダの硬い方でも、安全にポージングができ、ヨガに取り組むことができます。

ここがヨガとの大きな違いであり、ホットヨガの特徴です。

ホットヨガのデトックス効果

高温多湿な室内でヨガに取り組むことで、大量の汗をかき、体内の老廃物が排泄されます。

そのため、ホットヨガには、デトックス効果があります。
運動不足、寝不足、ストレスなどに取り囲まれた現代人にとって、日常生活では出せてない出すべき汗を出す事ができるので、便秘・冷え性・むくみ・肩こり・整理痛・肌荒れなどの改善にもつながります。

自宅でホットヨガ

ホットヨガをするには、近くのホットヨガ・スクールに通うのが手っ取り早いですし、最近では地域のカルチャースクールでもホットヨガが教えていますので、割安でホットヨガに取り組めるようになりました。

しかし、夏場なら、しばらく窓を閉め切った室内は、ファンヒーターや保湿器がなくても、高温多湿状態を割りとカンタンに作り出せます。

そこで、書店で販売されている雑誌や本などを参考に60〜90分ポーズを取れば、自宅でもホットヨガを体験できます。
こまめに水分補給をし、新陳代謝を促がしましょう。

ホットヨガの注意点

このホットヨガをすると、想像以上に汗をかくので、水分補給を怠ると、脱水症状、熱中症、酸欠の原因になります。

食後に行なうと吐いてしまう場合もあるので、食後3〜4時間あけてから、取り組むようにしてください。

あとヨガの基本は腹式呼吸です。口から大きく息を吐き、鼻から吸うようにしてください。

メガネは発汗時に邪魔になるだけでなります。難しいポーズをするときにはケガの原因にもなりえるので、メガネは、はずし、足もとがすべる靴下も脱ぎましょう。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/050/index.html on line 226

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/4) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/050/index.html on line 226

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/050/index.html on line 228