ほくろの除去

ほくろの除去

ほくろ除去をする人が増えています。

ほくろ(黒子)の占いや運勢判断で、除去を考える人もいます。

ほくろ(黒子)は、皮膚の色素をつくるメラニン細胞=メラノサイトが集まり、黒く見えるものです。

最初は小さくても次第に大きくなることがあります。

ほくろの大きさは、小さい点のようなものから、直径が約2.5センチメートルを超えるものまでさまざまです。


多くの場合、ほくろ除去が必要なガンなどの可能性は、あまり高くありません。

しかし中には、メラノーマや悪性黒色腫と呼ばれる皮膚がんの一種の場合もありえます。

急に大きくなったり、色の濃いさにむらがある、直径が6ミリ以上ある、など気になるときは早急に診察を受けたほうがいいでしょう。

また、定期的な検診も必要です。

ほくろ除去の方法

ほくろ除去には、いろいろな方法があります。

レーザー治療や電気メスは、手術による方法で、他にも炭酸ガスレーザーやスイッチヤグレーザー、電気メスによる切開やくり抜き法、凍結療法などもありますす。

また、皮膚科での施術や美容外科で除去するなど、病院を選ぶこともできます。

変わったところでは、ほくろ除去クリームやもぐさを使う方法もあります。

いずれも一長一短があり、自分に合った選択が大切です。

レーザー治療の場合、1個取るのに約5千円から7千円ほどで、施術も、わずか数分で完了します。

また、治療の内容によって、保険が適用されるもの、されないものがあり確認が必要です。

手術によってほくろ除去した場合の注意点

手術によってほくろ除去した場合、ほくろの跡がへこみ赤くなります。

お化粧などは翌日から可能ですが、テープで肌を保護します。

赤みのある肌が紫外線に当たると、色素沈着が起きることもありますので、充分に気をつけることが大切です。

1か月ほどで、ほくろ除去したお肌の赤みは消えていきます。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/038/index.html on line 233

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/4) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/038/index.html on line 233

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/038/index.html on line 235