ワキガの原因と臭いの強さ

ワキガの原因であるが、ワキの下のアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺の3つの分泌腺からでる汗や分泌物がおもな原因となっている。

エクリン汗腺は体中に約230万個もあり、つねに汗を分泌しており皮脂腺から出る皮脂と混ざり合って、皮膚をしっとりとさせる役目を果たしている。

アポクリン汗腺はわきの下、性器の周辺、耳の中、乳首のまわりなどに集っている。そして、ここから出る汗は粘り気があり、脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・アンモニアなどからできている。

これらの汗がワキガの原因となる。


臭いの強さは、アポクリン腺の数や大きさに比例し、個人差が大きい。

アポクリン汗もエクリン汗も、汗腺にとどまっているうちは無臭であるが、皮膚表面の雑菌によって、臭いが発生する。

ふつうの皮膚表面は弱酸性だが、大量に汗をかくとアルカリ性に傾き、雑菌が繁殖し、ニオイが強くなってくる。


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/034/post_38.html on line 118

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/3) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/034/post_38.html on line 118

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/034/post_38.html on line 120