ワキガの治療法

ワキガとは

ワキガとは、体臭のひとつで鼻にツンとくる独特の体臭である。

日本女性にとっては悩みの種であるが、海外では「セクシーシンボル」でもあり、無臭の人よりも、ワキガの人の方が海外ではモテるのである。

ワキガは、代謝の盛んな思春期特有のものであり、小児や老人には見られない。また、遺伝性があるので、家族にわきがの人がいる場合はかかる可能性が高くなる。


ワキガのある人と無い人がいるが、基本的にアポクリン汗腺の数が多く、アポクリン汗の分泌量が多いと、ワキガ臭が強くなると考えられている。

ワキガが人口の80%以上を占めるという黒人や白人は、10〜15%の日本人など黄色人種に比べて、アポクリン汗腺の数とアポクリン汗の分泌量が多いことがわかっている。

ワキガの原因と臭いの強さ

ワキガの原因であるが、ワキの下のアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺の3つの分泌腺からでる汗や分泌物がおもな原因となっている。

エクリン汗腺は体中に約230万個もあり、つねに汗を分泌しており皮脂腺から出る皮脂と混ざり合って、皮膚をしっとりとさせる役目を果たしている。

アポクリン汗腺はわきの下、性器の周辺、耳の中、乳首のまわりなどに集っている。そして、ここから出る汗は粘り気があり、脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・アンモニアなどからできている。

これらの汗がワキガの原因となる。


臭いの強さは、アポクリン腺の数や大きさに比例し、個人差が大きい。

アポクリン汗もエクリン汗も、汗腺にとどまっているうちは無臭であるが、皮膚表面の雑菌によって、臭いが発生する。

ふつうの皮膚表面は弱酸性だが、大量に汗をかくとアルカリ性に傾き、雑菌が繁殖し、ニオイが強くなってくる。

ワキガの治療法

ワキガの治療では、自分で簡単にできる制汗剤や殺菌剤、消臭剤などを使う対処療法のほか、エステティック・サロンで行なわれている永久脱毛法などを応用した理学的療法、そして医療の現場で行なわれている手術を施す外科的療法など、さまざまな方法がある。

ワキガを根本的に治すには、臭いを発するアポクリン腺を取り除いてしまう手術を受けるしかないが、手術にもいくつかの方法があるで、手術を受ける場合は自分に合ったものを選ぶのが大事である。

どんな治療法を行なうにしても、シャワーや入浴をこまめにして、ワキの下をいつも清潔にしておくことが大切である。

edit


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/034/index.html on line 226

Warning: file(http://www.yokohama1.org/sys/link/4) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/034/index.html on line 226

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/kaiseki/public_html/www.biyou.zyouho.info/034/index.html on line 228